自らの役割を果たし、全体の調和に生きる 喜びにあふれる人生への道 ハイヤーセルフ

画像


今日はハイヤーセルフからのメッセージをお届けしたいと思います。


人にはそれぞれ為すべき役割、果たすべき役割が与えられています。

あなた方が周囲に求められることは何でしょうか?

人の役に立ち、誰かに感謝されるという、
喜びにあふれる役割を担っていくこと。
その役割について考え、そして実行に移して行くべき時を今、迎えているようです。

あなた方には素晴らしい魅力あふれる個性が与えられています。

それらを輝かせるためには、ひとりよがりにならず、
周囲の人の役に立つ、ということも大切な要素になるのでしょう。

与えたものは受け取るもの。

あなた方が誰かのために与えたものは、宇宙を一巡りし、
あなた方のもとに返ってきます。

あなた方のもとに返ってくる際には、元のエネルギーがさらに倍増し、
大いなる愛を伴ってあなた方のもとに返されることになるのでしょう。

あなた方が愛を与えれば、あなた方は愛を受け取ります。

人は誰もが愛されることを望むもの。
あなた方が自ら愛を与えれば、
あなた方は大いなる愛を受け取ることができるのでしょう。

また、周囲への愛と調和に生きるときでもあります。

自らの意見を通すばかりではなく、
周りの人たちの思いに気を配る、
周りがあなた方に求めているものは何か、
今あなた方は、深い洞察を得る貴重な学びの時のさなかにあるのでしょう。
あなた方の周囲にいる人たちはあなた方の鏡としての存在でもあるのです。

愛情を持ってあらゆることに取り組んでほしいときです。
周りの人たちを大切にするといいでしょう。
愛と調和の心を大切に今を過ごすといいでしょう。

協調性を大切に、つねに周囲に気を配り、
周囲があなた方にもたらしてくれる情報に耳を傾け、
さまざまな価値ある学びを吸収してほしいときです。

多くの人たちと交流する時間を大切にしながら、
自らの可能性をさらに拡大してゆく。
愛と調和を心がければ、有意義な時を過ごすことができるでしょう。

(2012,3,31 ハイヤーセルフ)



人は一人では生きていけません。
つねに周囲と支え合って生きているのです。

周囲の人たちと協調協力し合うことは、
愛と調和に満ちあふれる未来を創造していく上で欠かせない要素であるのでしょう。

今日の私たちは個としての認識が強く、
どうしても自分中心の物の見方に傾きがちです。

みな、独自の立場で自分を表現していくことは確かに大切なことと思いますが、
私たちは、この世界を共に分かち合い、助け合って生きている、
というのもまた事実なのです。

私たちが存在していることは、すべてが奉仕であるとする説があります。

もともと私たちは一つの存在であって、
すべてが一つのために奉仕しており、
一つがすべてのために奉仕しているというのです。
それもまた宇宙の真理であるのでしょう。

この世界に同じ人は二人といません。
一人ひとりがみな、唯一無二のかけがえのない存在であり、
独自の輝き、才能(資質)、魅力という、宇宙からのギフトを与えられて、
この地上に生まれてきました。

あなたが真っ先に取り組むべきことは、
あるがままの自分を表現し、与えられたギフトを輝かせ、
あなたらしさを100%輝かせて生きることにあるのでしょう。

そして、あなたが心から喜びを感じる道を辿ることで、
あなた独自の輝きをより一層強めることができるに違いないのです。

また、あなたが周囲から求められることは、
“ありがたいこと”と受け止めてこなすことで、
人生が不思議に好転してゆくこともまた事実なのでしょう。

自分が何をすればよいのか分からない場合には、
あなたが周囲から求められることをただこなしてゆくことで、
あなたがもっとも輝き、かつ人の役に立てる、
あるべき場所に落ちつくように感じています。

あなたが喜びにあふれる幸せな人生を実現するためには、
まず、あなたが愛の人になり、その愛を広げてゆくことにあるのかもしれません。

自分から愛を出してゆくことで、自分が変わり、
そして相手が変わり、さらには世界が変わってゆくのです。

「自分が変われば世界が変わる」というのは、
決して大げさな表現ではないのでしょう。

今いる場所を天国にするのも、地獄にするのも、
結局のところ、すべてあなた次第、といえるのかもしれません。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

"自らの役割を果たし、全体の調和に生きる 喜びにあふれる人生への道 ハイヤーセルフ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント