現実という夢を生きる サンジェルマン

画像


今日は、サンジェルマン(セント・ジャーメイン)からのメッセージをお届けしたいと思います。


魂にはそれぞれの道がある。
それぞれの魂はある目的を持ち誕生している。

あなたの役目はなんだろうか。

それを自身に問いかけるとき、
あなた方はあなた方の道に在ることに気づくだろう。
何故ならば、その問いに答えがあるからだ。

あなた方は何かを探し求めずにいられない。
魂はつねに自らに新たな価値を見い出したいと願い、
さらなる進化・成長を遂げようと、
自らの目的を探し求める。

しかし、真実を言えば、それもまたまやかしだ。
あなた方はそのようなゲームをしているのだ。

事実、魂はそのままで完全であり、目的など何も無いからだ。
しかし、あなた方は何かを探し求めずにいられない。
特にこの地上においては、それは人生の課題ともいうべきものだ。

しかし、覚えておくといい。
すべてはゲームであるということ。

あなた方は宝探しをしているのだ。
それは外側に見い出すことのできる何かではない。
それはいつもあなた方の内にある。

自身の内に答えを見い出しなさい。
それは遠くにある何かではない。
あなた方は既にそれを有しているのだ。
それなのにあなた方は気づかない。
そして、外部にそれを探し求める。
そうせずにはいられない。

これはゲームなのだ。
そのようなプログラムなのだ。

膨大な時間のなかで、
あなた方は上等な暇つぶしをしているのだよ。
しかし、それは貴重な経験だ。

この地上を楽しみなさい。遊びなさい。
やがて、あなた方はこの地上を去るときがやってくる。
それまで、この世界を思う存分楽しむとよい。
事実、あなた方は楽しみたくて、遊びたくて、
新たな経験がしてみたくて、
この地上にやってきたのだから。

それなのに、いつしかその事実を忘れてしまった。
そして、このような混乱した世界を生み出してしまったのだ。

それは自らの真実を忘れる、ということによって。

しかし、あなた方はすでにすべてを有している。
何も困ることなどない。
すべてが夢なのだから。

この夢の世界を遊びなさい。楽しみなさい。
すべてはジョークだ。ゲームだ。

この地上の夢を、この物語を楽しみ味わい尽くしなさい。

物事を深刻に考えないことだ。
あなた方が深刻に考えれば考えるほど、世界は現実味を帯び、深刻な顔を見せる。

そうではない、すべては遊びだ。

神があなたを通してそのようなゲームを楽しんでいるのだ。

(2019,5,1 サンジェルマン)



このメッセージは一見、矛盾しているように感じられます。

しかし、これは個我から見た視点と
覚醒した全一意識の視点から語っているように思われます。

個我としての私たちには、目的があり、役割が与えられています。
そこにはドラマがあり、ストーリーがあって、
私たちは世界という舞台で役者のように生きていく運命にあります。

しかし、全てが一つとなった全一意識から世界を見たとき、
それは全て夢物語であったことが理解されるのでしょう。

私たちは、この世界またはこの次元に、
さまざまな体験がしてみたくてやってきたといいます。

最初は遊びに来ていたのが、
いつしかそのことを忘れてしまい、
人生を現実のものとしてとらえ、
物事を深刻に考えるようになってしまいました。

しかし、その深刻さが仇となり、
深刻に考えれば考えるほど、世界は現実味を増し、
深刻な顔を見せるという、
重要な事実も伝えてくれています。

しかし、すべては神が見ている夢の世界であり、
リーラ(神の戯れ・宇宙的遊戯)であるのでしょう。

すべてが夢であるならば、
あなたはどんな人生を望むでしょうか。

いつかこの地上を離れるとき、
ああ、楽しかった、幸せな人生だったって、
思えるのが理想なのではないでしょうか。

そのためにも、
この貴重な経験の場を楽しみ味わうこと。

自分らしさを精一杯表現し、
やりたいことをやり尽くし、人生を楽しむこと。

外側の現実にとらわれることなく、
あなたの心の喜びにしたがって生きること。

地上に生きる今この瞬間を大切に、
素晴らしい夢(現実)を創造していきたいですね。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック