改革精神の大切さ 仲間たちとの交流を通して、自らの可能性を開く ハイヤーセルフ

画像


今日はハイヤーセルフからのメッセージをお届けしたいと思います。


あなた方の夢、希望は何でしょうか。
あなた方は今、その夢やヴィジョンを仲間たちと語り合い、
より素晴らしい未来を共に創造していこうという気持ちが高まっているかもしれません。

今のあなた方にとって大切なことは、
改革の精神を失わないということ。

あなた方はともすれば守られた安全な世界に安住し、
そこから動こうとしない傾向があるでしょう。

しかし、現状をつくり変え、望ましい未来を生きるためには、
つねに望ましい未来を思い描き続けること、
そして、望ましい未来を創っていくための新たなる第一歩を踏み出そうとする、
改革精神が欠かせないということを忘れてはならないでしょう。

今に安住すれば停滞が待っています。
自らを成長させていこうとする気持ち、
つねに向上していこうとする姿勢、
高い精神を持ち続けてほしいのです。

今は、あなた方と気持ちを同じくする仲間たち、
そのような仲間たちとの交流を大切にするのによいときです。

仲間たちと語り合う時間を大切にすることで、あなた方の人生を改革するための、
よきアイディア、ビジョンを得られるでしょう。

昨日より今日、今日より明日へと、
より輝けるあなた方を創造していくためにも、
決して立ち止まらずに、前進していこうとする気持ちを持つこと。
そうすることにより、あなた方の日々は輝きを増し、
素晴らしい人生への道が開かれるのです。

あなた方の心の声を大切にしてほしいときです。
あなた方の心を満たすもの、外側よりも内側に目を向け、
その想い、心から望む何か、
あなた方が心から求めているもの、
それらを大切にしてほしいのです。

あなた方の心を満たすもの、
心の琴線に触れる世界、
あなた方が心から望み求めるもの、
その世界を愛してほしいのです。

目の前の現実にとらわれることなく、
自らの心、内なる世界を大切に、
自らの心を満たす生き方を追求してゆくこと。
それはあなた方が真に求める世界へのガイダンスになるでしょう。

(2012,3,28 ハイヤーセルフ)



私たちはともすれば、変化を嫌い、
安定した現状にしがみつこうとする傾向があるように思います。
しかし、宇宙はつねに変化しているということ。
宇宙はつねに進化、成長、拡大へ向けて、休むことなく活動しているのです。

変化の波に逆らおうとすれば苦しみが生まれます。
あらゆる困難、苦しみとは、
一なるものと調和していないことから生まれるのです。
一なるものとは宇宙の法です。

人生での艱難困苦は、根本的には、
自覚するしないにかかわらず、宇宙の法則を無視するか、
それに離反するかによって起きているのです。

私たちが幸せで実りの多い人生を送るには、
宇宙の調和に生きることが何よりも大切なのです。
そこには必ず喜びがあるでしょう。

そして、今の私たちに求められていることは改革精神を忘れないこと。
立ち止まることなく、自らを成長させていこうとする気持ち、
つねに向上心を持って前進していこうとする姿勢、
心を磨き、高い精神性を持ち続けることが大切なのでしょう。

そして、そんな自分を啓発してくれるような、志を同じくする仲間たちとの交流が、
自身の成長と可能性の拡大を加速させてくれるに違いないのです。

世界は今、本格的な二極化が進行しており、
人の意識レベル、精神格差に大きな隔たりが生まれ、
もはや共存してゆくことが困難に感じられるレベルまで来ているのです。

これは今から一万二千年前に存在したとされる、
超古代文明アトランティスの末期にとても良く似た状態で、
何故、アトランティスは滅びたのか、
その理由を知ることは、今後を占う上で大きな手がかりになることでしょう。

アトランティス大陸は、
わずか一昼夜のうちに海中に没したことで広く知られていますが…、

アトランティスは、精神文明をないがしろにして、
物質文明ばかりを追いかけた為に沈没したといわれているのです。

その際、アトランティスの精神文化を追求した、
意識の高い一部の人達は、UFOに救済され、
地球の天変地異が収まるまでの間、他の惑星に避難をして、
そして地球の天変地異が収まってから、再び地球に連れ戻されたといわれています。

アフリカやヨーロッパ、最近ではインドでも、
岩窟に描かれた宇宙人の絵が見つかっていますけれども、
これらの絵は、この時の体験によって描かれたものであるに違いないのです。

私たちの生きる今のこの世界でも、
物質を追い求める人と、精神を追い求める人の二極化が進行しています。
目に見える物を追いかける人(物質世界の富、地位や名誉、財産を求める人)と、
目に見えないもの(心や精神、宇宙の真理、目に見えないエネルギー等)に、
価値を置く人に分かれてきているのです。

物質を追う人は低次元のバイブレーションを出し、
精神を追う人は高次元のバイブレーションを出します。

間もなく私たちが生きている今のこの世界(文明、時代)も、
大きな転機を迎えることになるのでしょう。

心を磨き、今生で与えられた自らの役割(使命)に専心し、
愛の心を大切に、宇宙の調和に生きて、
この大峠を無事乗り切ってゆきたいですね。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

道草
2014年07月28日 19:01
 文中にある「間もなく私たちが生きている今のこの世界(文明、時代)も、大きな転機を迎えることになるのでしょう。」をどのように捉えるか。恐怖の念に駆られるか、新しい時代の幕開けだと歓喜をあげるか、それとも無関心で過ごすかによって、自分の成長に及ぼす影響が違ったものになるのでしょう。人の思念は波動エネルギーにより成り立っていると言われています。高い波動の人もおれば、低い波動の人もおります。その間には無数のレベルの波動をもった人がいるわけですが、3Dと言う現世に於いては、程度の差はあれ、どうしても物質欲や執着から離脱できない、言い換えれば今のままで居たい・安住したいと言う人達の方が多いというのも事実でしょう。

しかし、意識の変容という大きな波が打ち寄せる中にあっては、これに乗らないという手はないと思っております。鮎は清流を好むが、鯰は淀んだ所を好むと言う例えのように、もちろん、現在のままで安住したいならそれも自由だそうですが、千歳一遇のチャンスを見逃すのももったいないですね。

例え何が起ころうとも驚かず、むしろ自分の成長に欠くことのできないチャンスと捉え、常に愛と感謝の気持ちを持ちながら、自分に与えられた役割に専念していきたいものです。

アリスさん、素敵なメッセージありがとうございました。

ひまわり
2014年07月29日 09:59
道草さまへ

アリスさんのメッセージとともに、素敵なコメントをありがとうございます。今の時代、一人一人が自分自身を「心」(魂)とみて生きるのか、「体」(肉体)とみて生きるのかが問われているのだと感じています。
試練も逆境も捉え方一つで、その方向性は大きく変わってくると私も実感しています。永遠の今に生きる私たちです。共に喜びのためにこの人生を生きてゆきたいですね。

道草さまご夫妻、ご家族のみなさまのお幸せも祈っております。ともに魂の声を聴ける者として。感謝。
2014年07月30日 16:36
>道草さま
コメントいただきましてありがとうございます。
これから、今の時代が大きな転機を迎えることになることは、さまざまな宗教書、予言書に記述がある通りなのでしょう。

アトランティス文明崩壊時と同様に、三分の一の人が新しい時代を迎えられるという記述も見られますね。私は残りの三分の二の人達の行く末の方が案じられて…、複雑な気持ちになるのです。

そして、何故、この世の人々の多くは未だに眠ったまま狂人達に支配されている現実に目覚めないのだろうかと、不思議に思えて仕方ないのです。

高級界から霊格の高い指導霊達がこの地上に肉体を持って降りてきて、なんとかこの危機を乗り越えるべく、皆を目覚めさせようと必死に働きかけていても、地球人のやる気の無さといいますか…、(闇側が優勢なのでこれも仕方ないのでしょうか…。)

いくら素晴らしい先生がついても、当の受験生がやる気がなければ、受験には落ちますよね。
できればみんな一緒に目覚めて素晴らしい新時代を迎えたいと願っているのですが…。

しかし、この幻想を大げさに深刻にとらえてはいけないことも知ってはいるのです。
この人生とは、自身を成長させ、叡智という、人生で得られる最高のもののために自身がさまざまなドラマを演じ、幻を体験する場に過ぎないということも認識しております。そもそも私たちは無限の今を生きる永遠の存在ですので。

次なる高次元世界へと続く新時代を迎えることを楽しみにしながらも、上昇できずに残された人たちは一体どうなってしまうのだろうかと気がかりで…。なまじ未来が読めるだけに、複雑な心境でおります。

しかし、私は私の道を生きることしかできませんし、与えられた今生での役割に専念していきたいと思っております。
道草
2014年07月31日 18:52
ひまわりさん

コメントありがとうございます。

「永遠の今に生きる私たちです。」まさにその通りですね。このことをしっかり認識しておれば、何が起こっても恐れることはないでしょう。その上で、常に愛と感謝を忘れず、自分の役割に専念しておれば、自ずと喜び・至福と言ったものがやってくるものと確信しております。

今日もこのように生かされていることに感謝しながら、ひまわりさんとご家族の方のお幸せを祈念しております。
道草
2014年07月31日 19:02
アリスさん

本当に、みんな一緒に目覚めて新時代を迎えられればいいですね。
私も出来るものならそうあって欲しいと願っていますが・・・、必ずしも全員一緒でなくてもいいのではとも思っております。その時がきた時は、それぞれの人の波動のレベルに応じて、行くところが選別され、今までと同じ輪廻転生を繰り返し、又、現世と同じ苦行を続けるということになるのでしょうが、本人達にとっては、今までと変わりないのですから、違和感はないでしょう。宇宙の法則は公平です。今回の次元シフトに乗り遅れても、又、夫々の波動レベルに応じて、次のチャンスは与えられるそうですね。ですから、例え、自分の親、家族、兄弟であっても、それ程悲しむ必要はないという話も聞きます。

とはいえ、アリスさんがメッセージを発し注意を喚起されていることや、その他に私たちに出来ることと言えば、一人でも多くの人が今回の次元上昇に乗れるようにと、祈ることが大切でなんでしょうね。

「祈り」も祈る人の数がある臨界点に達すれば、一挙に加速するようですから、一人でも多くの人が祈りに参加することを願って止みません。みなさんの善意に期待しましょう。

最後に、予言は当たることもあれば、当たらない事もよくあります。バシャールは、こう言っています。「予言はある一定の条件下に於いてなされるものである。従って、その条件が変われば、予言の内容も変わる。」と。宇宙は諸行無常です。絶えず変わっている訳です。「次元シフトのとき」を執筆したマイケル・J・ローズはその著書の中で、「来るべき時がくる可能性はあるが、それは、いつどのようなものになるかは言えない」と言っています。

どうか世界が平和でみんなが幸せなになりますようにと願って止みません。
2014年08月03日 06:07
>道草さま
コメントいただきましてありがとうございます。
私も最初は、そのように思っておりました。みな、おのおの今の自身の波動レベルに相応しいところへ行くのだろうと。しかし、どうやらそうではないらしいのです。
まず、カルマの法則というのは、個人にも、地域社会にも、国家や民族、果ては、その文明、惑星レベルにも働くというのです。まず、私たちは地球(物質世界)という宇宙から見たら一つの集合体のようなところにおり、その惑星、文明全体のカルマというものがあるようなのです。
実は今のこの世界に生きる人の多くは、アトランティス文明が滅びる際に地上に生きていた魂であり、そのカルマを清算するために再び転生してきていると言われています。
今回そのカルマが返済できないと、カルマの清算が出来なくなり、輪廻が打ち止めになる魂が大勢出るというのです。魂は不滅で消すことが出来ないため、完全な個の世界に閉じ込められてしまうというものでした。
なので、今、この地球には目覚めさせよう、この危機を何とか救おうとする多くの他惑星からの愛にあふれる訪問者が訪れているらしいのです。
しかし、そんな彼らも、一向に目覚めようとしない地球人類に愛想が尽きて手を引いていき、いよいよ地球の大掃除がはじまろうとしているようなのです。

私は最近になり、宇宙人やUFOの存在を認めるに至りました。
彼らが何故この時期の地球に訪れているのかその理由も今頃になり分かりました。彼らはとても慈悲深いのです。

とりあえず、来年から天変地異が本格化するらしく、私自身も生まれた土地を離れることになりそうです。

でも未来は分からない。決まっていない。それでいいと思います。私もそう信じたいです。
望む未来を思い描きながら、宇宙の不確実性の叡智に身を委ねて行きたいですね。

この記事へのトラックバック