なりたい自分になるために 願望実現を加速させる ハイヤーセルフ

画像


今日はハイヤーセルフからのメッセージをお届けしたいと思います。


あなた方は今、とてもパワフルな活動力にあふれながらも、
これまでの自らの行動を振り返り、
今後の出方を検討すべきときを迎えているのでしょう。

そして、内なる言葉に耳を傾け、
必要なメッセージを受け取るさなかにあるようです。

そのメッセージはときに人の口を通じて、
あるいは街中やメディアを通してもたらされることもあるのでしょう。

今あなた方は、自らのあり方について見つめ、
他者との関わりを通してさまざまな気づきをもたらされるときを迎え、
探求心を持って自らの内なる可能性に取り組もうとしているのかもしれません。

あらゆることを知りたいという探究心、好奇心は、
今のあなた方を次なるステージへと導くガイドになるでしょう。

あなた方がなりたい自分像をありありと思い描いてみてほしいのです。
お手本となる人があるのなら、そのイメージを自らに重ね、
そして理想の自分になったつもりで行動してみてほしいのです。

すでに理想の自分になっている、
夢も希望も、あらゆる願望も、
すべて実現している状態を今ここで感じてみる、実感してみる、
その繰り返しこそがあなた方の夢の実現を加速させてくれるのでしょう。

あなた方がなりたい自分になる近道は、
つねに理想の、なりたい自分の姿を思い描き、
すでにそうなったかのように振る舞ってみる、
その願いが叶ったときの気持ちを先取りして今ここで感じてみる、
その繰り返しに他ならないのでしょう。

願望をはっきりと胸に刻み、
自分の理想像をありありとリアルに思い描き、
すでにそのような自分になったつもりで行動してみる。

遠い未来を夢見るのではなく、
今その未来を生きるように、理想の自分を演じてみる、
そのレッスンを繰り返してゆくこと。
それはやがて心から望む夢の人生へとすみやかにあなた方を導く奇跡の道となるでしょう。

(2012,2,10 ハイヤーセルフ)


私たちは夢は叶えるもの、いつか実現するものと考えます。

そして、その夢や望む世界を追いかけることに意識を向けるのです。

それは決して間違いではないのですが、
それを追いかけるということは、
それは今はまだここにはなく、
今現在まだその状態にないからそうするのであって、
そのように思い行為することが、それを実現するまでの時間と空間を生み出し、
実現するまでに時間がかかってしまう状況を引き寄せるのではないかと思うのです。

願望実現の最大の秘訣は、すでにそれを実現している状態に意識を向け、
すでにそうなっている自分を強く意識することにあるのでしょう。

私たちは既にすべてを有する存在であるために、
意識を向けたものになることができるのです。
それには少々のコツと、集中力(注意力)を必要とするのかもしれません。

“なりたい自分になっている”状態に意識を向けること、
心に思い描く、なりたい自分像が、
あたかも現実の自分のように思えてくる程まで繰り返し思い描いて、
望む状態の自分を実現しているパラレルリアリティに自分を移行させてしまう、

あなたには自らの世界を自由にかたどる創造主としての力が与えられているのです。
あなたが信じる世界が、あなたの現実(真実)の世界をつくっているのです。
これならばあり得るという、あなたが真実だと思って疑わない世界、
現実とはこういうもの、と思う世界をあなたは現実として体験するのです。

つねにそうありたい自身の姿を思い描き、
すでにそうなっているかのように振る舞っていくうちに、
自身が放つバイブレーションが外的世界ににじみ出て、
自らを取り巻く世界もそのようにかたどられてゆくのでしょう。

あらゆる空想、ファンタジーも概念上は真実に違いないのです。
真実とは、あなたが信じて疑わない世界。
あなたが真実として受け入れたものは、それがどのようなものであれ、
あなたが体験する現実となるのです。

あなたが自分をどう思っているか、
あなたの世界に対する見方、あなたの認識が、
あなた自身と、あなたを取り巻くすべてをかたどり、
あなたの生きる世界を決めているのです。

Tat Tvan Asi タット トヴァン アシ(तत् त्वन् असि)=You are That.
あなたこそが、この世界の真実であるのでしょう。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

道草
2014年05月08日 17:25
先日のTVで、ホームレスの少女がハーバード大学に入学し、現在、心理学の分野で活躍しているという話がありましたが、これを見て、心にジーンと響くものを感じました。彼女の場合は、単に極貧という環境だけでなく、麻薬中毒に陥った両親を持ち、食べ物にも困り、時にはゴミ箱の中から食べ物をあさるといったこともあった様です。やがて、母親はエイズで死亡し、ホームレスとなった彼女は、単にホームレスに留まらず、ハーバード大学に行くことができたのでしょうか。それには以下のような出会いと行動にあると言えます。
①母親が死ぬ前に言った「この環境から抜け出す為に、学校に行くことだけは約束してね」という言葉を思い出し行動に出た。
②既に申し込み期限の過ぎていた高校と粘り強く交渉をする過程で、一人の教師の善意が得られた。
③学資や生活の為、夜はアルバイト。駅などをねぐらにしホームレスの状態は続く中でも、勉強をし成績はクラストップ。
④ある日、担任の先生に連れられ、ハーバード大学の見たこともない校舎と行き交う学生の姿にうっとりとしながら、「私のような者でもこの大学に入れるのかしら?」それに対し先生は「ここの学生も君と同じ人間なんだよ」と。彼女は、これを聞き「私、この学校に決めました」と答え、入学に向け勉強を続けた。

彼女のように、目標を明確に持ち、その達成に向け意識を集中させ行動をとると言うことは、正にワクワクと情熱を持ちながら自分の世界を作り上げている状態なんでしょうね。文中の「すでにそれを実現している状態に意識を向け」ていたのかもしれません。

教育は、本当に難しいものです。環境がよければそれにこしたことはありませんが、環境が悪るくても育つ子は育ちます。要は、出会いとそれに対する当人の気づきと意思の力の大きさがその人の人生を決める大きな要素になっているような気がします。
2014年05月11日 01:59
>道草さま
コメントいただきましてありがとうございます。
素晴らしいお話ですね。
思わず感動してしまいました。
この方は、ご自身の熱意、情熱、本人の強い意志力と人が持つ潜在的なパワーで人生を開拓されたのでしょう。

自由意志は運命に打ち勝つとも言われます。
宇宙には、どのようなことであろうとも熱望したり、強く想像したりすることは必ず実現できるという大原則があるようなのです。ただ、それを強く望むことを通じて何かに長い時間思いを馳せることにより、人はそれそのものになれるようなのです。心から望む状況に対して捨て身になること。今の自分を捨てて、望みが叶っている気持ちに没入する、それをしつこく何度も繰り返すのです。本当に不思議なことですが、心からの真剣な熱意のこもった願望は、それが実現しているという気持ちを信じ、強めることによって、自然に成就するようにできています。それが一見不可能と思えることでさえも、その人が真剣に本気で脇目も振らずに毎日毎日繰り返したらそれは絶対叶えられるのです。実は私自身そうと知らずにこの方法で、これまで信じ難い現実をいくつか実現してきたので、これは真実なのです。人の能力とははかり知れないものがあり、熱意ある強い念を飛ばすだけで願望を叶えることができるというのは、少々魔術的ではあるのですが…、これは人が持つ潜在的な能力の一部なのだと感じています。集中力と熱意があれば不可能なことなどないのだと思います。ただ、そこまで真剣に熱中できる対象が見つからないとなかなか発揮できない能力ではあると思いますが…。
それを得たい、叶えたいという、燃えるような情熱、熱意、強い意思力さえあれば、それに必要なすべてを引き寄せるだけの力を人は潜在的に有しているのだと感じています。
道草
2014年05月13日 11:10
コメントありがとうございます。本当にアリスさんの仰る通りだと思います。

“一念、岩をも通す”、“一念、天に通ず”、“精神一到、何事か成らざらん”とか言われますが、古人からも学ぶべきものがたくさんありますね。

ところで、このハーバード大学に入学した彼女の後日談があります。彼女にとり、足かせにはなれ、何の助けにもならなかったと思える父親の介護の為に、休学を繰り返し、卒業が何年か遅れたと言う事です。本当に感激の一言です。誰にでもできるというものではありません。彼女には、親子の絆と「愛」というものを大切にしたかったのでしょう。このような純粋な心が素地にあったことも、彼女に良い果報をもたらす一助になったのかもしれません。

本当に、「意識の世界」というのは奥が深いものですね。

2014年05月14日 00:32
>道草さま
コメントいただきましてありがとうございます。

素晴らしく感動的なお話をありがとうございます!
純粋な心は最も尊く価値ある質であるに違いありません。

“一念、岩をも通す”ですね。
私たちはまだ本来の力のほんの一部しか使っていないように感じています。人の意識の世界は本当に計り知れません。まさに宇宙ですね。人の潜在能力には果てしない力があり、まさにフォース(スター・ウォーズ的な)秘力があるようにも感じます。松果体を活性化させることができれば、それらの超越的な力を開発することができるようです。
道草さんへ
2014年05月14日 11:43
先の少女のお話をありがとうございました。
強い意志の力を感じる、素晴らしい魂を持たれた方だと感動いたしました。天使のような心を持ったその少女のこれからの幸せを祈りたい思いになりました。

ところで道草さんは今、どのようなご本を読んでいらっしゃいますか。また今までに読まれた中でご自身が深く感動されたご本がありましたらご紹介くださればと思っております。
ひまわり
2014年05月14日 11:44
上のコメントはひまわりです・・。
道草
2014年05月14日 18:59
ひまわりさんへ

仕事の合い間の息抜きにちょっとコメントさせて頂いたのですが、お読みになられていたのですね。ありがとうございます。

ひまわりさんは大変読書家でいらっしゃるのですね。その点、私などはお恥ずかしい次第です。今、何を読んでいるかとのご質問ですが、「ブッダの真理の言葉、感興の言葉」(中村元訳 岩波文庫)を通勤中再読しております。
原始仏典の「スッタニパーダ」と「ダンマパダ」を翻訳しまとめた本ですが、前回とは少し違った味わいが致します。少しは成長したかな。(笑) 

これまでに深く感動した本ですか・・・、いくつかあったような気がしますが、それは、単にその時その時の私の心がそう感じたということに過ぎず、時が過ぎ意識が変われば感じ方・理解の仕方も違ってくるんですよね。従って、今振り返って、自信をもってご紹介出来るようなものは特にないんですよ。ごめんなさいね。

今日、「次元シフトのとき(愛の目を通してブック3)」(マイケル・J・ローズ著、ナチュラルスピリット社)を紀の国屋で購入しました。すばらしい本だとことですので、楽しみにしております。

ところで、ご購入された「喜びから人生を生きる」は如何でしたか。
ひまわり
2014年05月15日 13:15
道草さんへ

お返事いただきありがとうございました。
以前から道草さんの投稿される文章を拝見していて、仏教にたいする造詣が深い方だと思っておりました。やはり仏陀のご本を読まれているのですね。新たに2冊のご本をご紹介くださりありがとうございました。

私の好きな作家の一人でノーベル賞作家であり、詩人でもあるヘルマン.ヘッセの小説「シッダールタ」は一人の修行僧の姿を描いていますが、ヘッセ自身もまさに求道者であったと思います。人生を川の流れに譬え、「過去・現在・未来は同時に流れている」といいます。悟られた方だと感じ、驚いてしまいました。

そのヘッセの言葉に「書物そのものは、君に幸福をもたらすわけではない。ただ書物は、君が君自身の中へ帰るのを助けてくれる」と、あります。道草さんがおっしゃるとおりに、感動する書物というものも、その時のその人の意識が反映されたものなのだと私自身も再確認しました。自分自身の心の声を確かめ、その声を聴くことができるのが読書なのだと感じています。

以前の道草さんのコメントから直感的に「喜びから人生を生きる」を購入し読みました。本当にこの本、そして著者のアニータ.Mさんに出会えて良かったと思える素晴らしい内容でした。
今、「あるヨギの自叙伝」を読んでいます。みなさまにもご一読いただきたい良書だと思います。インド、ヨガ、多くの聖人の姿、読書はまさに意識が時空を超えるということを実感できます。

長くなりました。またアリスさんのブログコメント欄でお会いしましょう!ありがとうございます。

この記事へのトラックバック