心から望む人生を実現するために、今、夢を生きる ハイヤーセルフ

画像


今日はハイヤーセルフからのメッセージをお届けしたいと思います。


今のあなた方に伝えたいこと、
それは自らの可能性に目覚めるということ。

あなた方に与えられた宇宙からのギフト、
あなた方が生まれ持つ才能、資質、魅力を磨き高め、
自らの使命、役割に目覚めること。

そして、それらのあなた方に与えられた輝きを
この世界のために役立てていってほしいのです。

もっとも価値あるものとは何でしょうか。
時代が移り変わろうとも変わることのないもの。

それはあなた方の心(ハート)、意識、
そこに真実の答えがあるのです。

今、あなた方は、
本来のあなた方らしさを取り戻すべきときを迎えようとしているのでしょう。

自らの心に素直に物事に当たることが大切なときです。
ときにはそれが、大いなるプレッシャーや反発を招くこともあるかもしれません。

しかし、それらの力に負けることなく、
あなた方の想い、あなた方が心から望む生き方を
大切にしていってほしいのです。

周囲の意見に惑わされることなく、
あなた方の心を守り、育んでいってほしいのです。

自らの心の声に耳を傾け、
あなた方が心から望む人生を生きるための、
第一歩を踏み出していってほしい、
そのようなときを、今あなた方は迎えているのです。

あなた方は本来のあなた方らしさをこの地上で実現するために、
今の人生を選びました。
それを実現するためのチャンスが今めぐってきているのでしょう。

あなた方が心で感じること、
それらはやがてこの地上でのあなた方の人生を形づくってゆきます。

あなた方が心から望む生き方、人生の目標、
達成したい、実現したいビジョンをありありと思い描き、
その夢が叶ったときの状況を思い浮かべながら、
それに相応しいあなた方であるよう生きてゆく。

それはやがてあなた方の人生を実際に形づくってゆくことになるのでしょう。

(2012,1,15 ハイヤーセルフ)



あなたは無限の今を生きる永遠の存在です。

しかし、あなたは永遠の存在であると同時に、
果てしない輪廻転生を繰り返す存在でもあります。

今生で選び取った、あなたの役割、使命に生きることが、
大宇宙(全体世界)の調和に生きる道であり、
あなたらしい輝きを最大限に活かせる道であるのでしょう。

それは、あなたの人生を最大限に輝かせる生き方であると同時に、
最も世界に貢献できる生き方であるのでしょう。

あなたの心(ハート)が喜ぶものに、あなたの役割(使命)があります。

人それぞれ形は違っても、その目的は同じであり、
その行いを通して、自分と自分を取り巻くすべてを幸せにすることなのです。

あなたの個人的な夢やビジョンは、
先に進むと、世界全体の幸せにつながっていきます。

あなたが無条件にワクワクする道、心から喜びを感じる道を辿ること。

ワクワクすること、喜び、穏やかさ、無限の愛、至福のエネルギーは、
それ自体が拡大する宇宙の性質です。

あなたが心から望む夢に向かってワクワク生きはじめることは、
宇宙の波動と同調する生き方であるため、
全体世界と調和し、あらゆる可能性とチャンスを引き寄せる、
愛と至福に満ちあふれる、奇跡の人生への道なのです。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

金平糖
2014年03月13日 14:46
美しい芸術に触れ、素晴らしい真理を学べる

より美しき、素晴らしい次元へと誘って下さるようなアリス様のblog

日々の生活を彩る素敵なエッセンスにさせて頂いております。

有り難うございます。

2014年03月14日 22:40
>金平糖さま
コメントいただきましてありがとうございます。
ブログ、お褒めいただきとっても嬉しいです(*^^*)
ありがとうございます!

メッセージ、お役に立てていただけているようで嬉しく思います。
引き続き皆さまのお役に立てていただけるような、メッセージをお届けできるよう、精一杯つとめてまいります。
こちらこそ、いつも温かいコメントに心より感謝しております。

この記事へのトラックバック