思い込みを手放し、自らを癒し愛する ハイヤーセルフ

画像


今日はハイヤーセルフからのメッセージをお届けしたいと思います。


あなた方はいつも自らの目に映る世界の中で遊んでいます。
そして、ときにはその世界に夢中になるあまり、
本来の自らの目的を見失ってしまうこともあるのでしょう。

今、あなた方は、
外側に見える現象世界からさまざまな出来事をもたらされることにより、
自らを振り返り、
本来の自らのあり方を見つめ直すときを迎えようとしているのでしょう。

それは、あまり心地よく感じられることではないかもしれません。
ときには葛藤を感じることもあるでしょう。

あなた方は今、こうありたいと望む、自らが進むべき道に、
何らかの課題を見い出すさなかにあるようなのです。

しかし、すべてがスムーズに進むことがよいとばかりはいえないのです。
今は、自らのおこないを振り返り、
立ち止まって、今後の出方を検討するべきときであるかもしれないのです。

あなた方は今、
目前に現れているさまざまな課題、障害、困難を感じる出来事、試練、
それらから引き起こされる、不満や葛藤の声に耳を傾け、
なぜそのような状況に陥ってしまうのか、
謙虚に自らのおこないを振り返るべきときを迎えているのかもしれません。

あなた方を束縛し、
制限された不自由な状態にしている原因は何でしょうか。
それらの原因はすべて、
あなた方の思い込みにあるのではなかったでしょうか。

あなた方は無意識のうちに思い込んでしまうところがあるようなのです。
それらのネガティブな思い込みを手放すべきときを今、迎えようとしているのでしょう。

あなた方の中にある不要な、
ネガティブで否定的な思いを今すぐにも手放してゆく。
そうすることで、あなた方は本当の自由と、
無限の可能性を手にすることができるのでしょう。

あなた方を縛るもの、
それは他ならぬあなた方自身が生み出した思い込みに過ぎないのです。
それは過去の傷であり、
あなた方の心の奥底にある弱くデリケートな部分なのかもしれません。

それらのネガティブな思いから目をそむけずに、
それらを受け入れることで手放し、自らを癒すことができれば、
あなた方は再び大空を自由に羽ばたけるようになれるのでしょう。

あなた方が本当のあなた方らしく生きていくためにも、
不要なものを手放し、
痛みや傷があるならば、それらを自ら癒し、
そして、自らを無条件に受け入れ十分に愛し、
限りない可能性を追求する旅へと飛び立つときを今、迎えようとしているのでしょう。

(2012,1,15 ハイヤーセルフ)



私たちは自らの人生の創造主です。

私たちの目に映る世界は、私たちの意識の投影であって、
そのもととなるすべては、私たちの内なる世界にあるのです。

人生は自らの思い込みによりつくられてゆく。
あなたの思い込みが、今のあなたをつくり、
これからのあなたをつくっていくのです。
人生は自らの思い込みが顕現したものといっても過言ではないのです。

制限も束縛もすべて自らが生み出しているのです。
あなたがあなた自身を制限し束縛しているのです。
何故ならば、世界にはあなたしか存在していないからです。

苦難を感じる、制限と束縛に満ちた人生も、
すべて自らの思い込みによりつくられていきます。

あなたの人生、体験する現実は、
あなたがそれをどう解釈するか、どう定義するか、
その視点、信念、観念、想念、
そして、そこから生まれる波動によって、象(かたど)られてゆくのです。

あなたが信じて疑わない信念、観念、想念、さまざまな思い込み、
「人生とは、現実とは○○○○○である」という、
世界に対する解釈、みなし方、
それらがあなたの体験する現実として現象化していくのです。

大切なことは、
もっともそうありたい自らの姿をありありと思い描き、
今ここに喜びを愛を至福を感じながら、
自らの為すべき役割(使命)を見極め、
夢の世界に生きるのではなく、相対的ではあっても、
人生と活動に関する限り現実である世界に生きること。

日々最善を尽くし、
もっとも大きな理想に向かって精一杯生きることにあるのでしょう。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

金平糖
2014年02月20日 00:17
私達はいつも心のハンドルを持つ主人でなければならないのですね。

心を外側のエゴの世界に引き渡してしまわず、常に本来の自分でありながら心踊る現実を紡ぎ波動を高くしておくことは、個人の喜びのみならず、宇宙と調和して行くことにも繋がるのかもしれませんね。

こちらのブログに触れさせて頂くことは、私の心を明るく照らして下さり、波動を整えるエッセンスとなっております。

有り難うございます(^_^)
道草
2014年02月20日 14:10
すばらしいメッセージですね。
いつもメッセージを通じ、自分を振返りかえるきっかけにさせて頂いております。ありがとうございます。

ご存知かと思いますが、般若理趣教の「百字偈」の中に「如蓮体本染 不為垢所染」と言う文があります。
大意は、“蓮は泥のような所から咲き出でますが、その花は、その汚泥に染められず、清らかできれいに咲きます。”と言うことですが、汚れ穢れ又悩み多きこの現世で、悪しきことに染まらず、この蓮の花のように、私達も清らかな真我を見出し咲かせることが出来たらどんなにすばらしいことでしょうね。
その為にも、アリスさんが言われるように、自分を振返り、さまざまなネガティブな思い込みを捨て、日々最善を尽くしながら、より大きな理想に向かって精一杯生きることに共感を覚えます。そして、日々何事にも感謝を忘れず、生きとし生きるものの幸せを願い、明るく自然体で過して行きたいと考えております。
ひまわり
2014年02月21日 09:53
自らの足元を照らし、その方向性を示唆してくださる様な素晴らしいメッセージでした。自分自身の中に浸透させる為に何回も声に出して読みました。
アリスさん、ありがとうございます。

またコメントくださる素敵なみな様方の文章を拝見するのも楽しみになっております。
道草さんが5日のコメントでご紹介されていた書籍『喜びから人生を生きる』の本にも直感的に惹かれ、すぐに購入いたしました。(いつもアマゾンのレビューも参考にして購入していますが、素晴らしい書物のようですね。)今読んでいる本を読み終えたら読もうと楽しみにしています。
書物も人も“出逢い”であることを実感しています。
みなさまに、感謝しております。
2014年02月22日 00:56
>金平糖さま
コメントいただきましてありがとうございます。
メッセージ、お役に立てていただけているようで嬉しく思います。
喜びは私たちの本然の状態です。心から喜びを感じる道を辿ることは、私たちの本然の状態を取り戻し、宇宙の調和に生きる道に他ならないのでしょう。また、自身の心を喜ばせることは、同時に他者の心を喜ばせることにもつながってゆきます。というのも、すべては一つであるからです。まずは自らが心から喜びを感じ幸せを感じる生き方を選択してゆく、それは結果的にこの世界に喜びと幸せをもたらすことにつながってゆくのでしょう。・:*:・゜'☆
2014年02月22日 01:06
>道草さま
コメントいただきましてありがとうございます。
メッセージ、お役に立てていただけているようで嬉しく思います。
ギーターにも似たような詩節があります。

「執着心を捨てて自らの義務を遂行し
その結果を至上者(ブラフマン)に献ずる人は
蓮の葉が水にぬれないように
あらゆる罪をはじいて 寄せつけない」
      バガヴァッド・ギーター5章10節

「蓮の華」は純粋性の象徴。
泥の中に根を張り、泥水を吸って生きながら、花は決して汚れることがありません。仏教においてもそう語られるように、苦難の先にある果報は、どのようなものにも代えがたい美しさを放つのでしょう。その美しさと共に、正しい行いから生み出される清らかさを、蓮の華は誠実に証明しているように思います。

世界はこれからますます混沌としてくるように思われます。
しかし、目に映る外的世界に惑わされることなく、自らの真実に心をつなぎ、自らの為すべき役割を見極め、周囲へ愛ある奉仕をして自らの浄化に努めることが大切であるように感じています。
2014年02月22日 01:19
>ひまわりさま
コメントいただきましてありがとうございます。
メッセージ、お役に立てていただけているようで
とても嬉しく感じております。

私自身、皆さまのコメントが自身の励みとなっております。
いつも本当にありがとうございます。
心より感謝いたします。

良書のご紹介にも心より感謝しております。
素晴らしい書物との出会いは生き方、人生観を変えるパワーを持つものだと実感しています。
すべての出逢いに心より感謝いたします。

この記事へのトラックバック