運命の人は決まっている? 運命の出会いのメカニズムとソウルメイトの真実 フューチャーセルフ

画像


今日はフューチャーセルフからのメッセージをお届けしたいと思います。


Q.運命の人は決まっていますか?

すべての人が、すべてそれぞれの役割、意識を持って、
この世界を共に創造しています。
あなた方が相手の鏡となり、
また相手があなた方の鏡となって、共にこの世界を創造しているのです。

今、あなた方が生きる物質世界は、二元相対の分離の世界です。
それぞれが個としての意識を持ち、それぞれがユニークな存在として、
みなが個々に好きなことをやって生きている世界です。
(見かけ上、あまり自由では無いと思われる人も少なからず存在しているようですが、それはそれらの人々が自らそのような現実を選択しているということなのです。)

あなた方は今、分離を経験しています。
自分と自分以外の人が大勢いる世界ですね。
それこそ十人十色の価値観、好みの違いなどあるのでしょう。

実は、あなた方は生まれる以前に、
自らの人生シナリオを自ら決めてきています。

いつ、どのような相手と出会うかも、
すべて自ら計画を立て、人生シナリオに織り込んでいるのです。

その人生シナリオには、題目となるテーマ、
今生での人生の探求テーマとなるものが、まず主題としてあります。
すべてはこの主題となる人生の探求テーマを元に組み立てられてゆくのです。

結局のところ、これらの人生の探求テーマによって、
その時々に相応しいソウルメイトとの出会いが起きてくることになります。

ソウルメイトは一人ではありません。
複数存在しています。
あなた方には複数の過去世があるため、
その過去世でさまざまな約束をしてきていると考えるといいでしょう。

この地上にはカルマの法則があり、
与えたものが受け取るものであるといった、
宇宙の秩序のもとに規則正しく運営されています。

そのカルマの法則に基づいた出会いが、
今生で巡ってくる、というのもまた事実なのです。

(2013,12,12 フューチャーセルフ)



結局のところ、
自身が選び取った今生の人生の探求テーマに基づいて、自らの人生が展開されてゆく、
自らの今生の人生の主題となる探究テーマを学ぶのに相応しい現実が創られてゆく。

ソウルメイトとは、
自らが選び取った今生の人生の探求テーマを学ぶのに最適な相手であり、
自身の選んだ探求テーマを学ぶためのサポート役として現れるのではないかと思うのです。

私たちの大半は前世(過去世)の記憶を覚えていません。
たとえ前世の記憶を覚えていたとしても、断片的なものであることが多く、
全てを思い出すことはほぼ不可能に近いものがあるように感じています。

そのため、前世でその相手とどのような関係であったのか、
どのようなカルマがあって今生で再び巡り会っているのかも覚えていないのです。

ソウルメイトというと、
ついロマンティックな関係性における特別なパートナーと捉えがちですが、
ソウルメイトと出会ったからといって、
必ずしも幸せな恋愛から結婚へ導かれることになるとは限らないのです。

前世でもし、相手に迷惑をかけていた場合など、
今世ではその償いをさせられることになる可能性が高いのでしょう。

しかし、お互いが出会ったことにより、
それまでとは全く異なる新たな世界が展開してゆくこともまた事実なのでしょう。

二人が出会えば、そこにもまた二人が出会った目的となるテーマ、
二人が共に今生の人生で探究していく主題となる探求テーマが現れ、
それらのテーマがお互いの人生を通して展開してゆくことになるからです。

そもそも今、私たちが体験しているこの二元相対の世界とは、
味わい体験することがすべてであるといわれます。

私たちは、喜怒哀楽などのあらゆる感情を味わってみたくて、この世界に生まれ、
さまざまな出会いや出来事を引き寄せ、創造しているのもまた事実なのでしょう。

それはちょうど、
私たちがドラマや映画、小説を読むのと同じようなものであるのかもしれません。
私たちの多くが、よりドラマティックで面白くて感動的な物語に惹き付けられるのと同様に、
私たちも自らドラマティックで感動的な体験をしてみたい、
という願望を秘めているように思うのです。

よいことばかりが続いても単調で刺激がなく退屈なのです。
それでは途中で飽きてしまい、眠くなってしまうのでしょう。
実際、そのような状況では成長も進歩も無い、停滞した状態を生み出しかねないのかもしれません。
(自己を治めた意識の高い人は例外と思われますけれども。)

人生は自分を主役とした、映画やドラマなどの物語となんら変わらないものなのです。
そのために、ドラマティックで感動的なソウルメイトとの出会いを
自らの人生ストーリーに盛り込んで生まれてくるのでしょう。

私たちは永遠の今を生きる無限の存在です。

この世界に生きる今だからこそ、リアリティを持って体験できて、
そして、やがて肉体を手放した後にも持って行けるような、
心に魂に深く刻み込まれる感動的な経験をすることを願ってやまないのかもしれません。

心ときめく恋愛、運命を感じさせるソウルメイトとの出会いは、
季節が訪れると美しく咲き誇る花の開花にも似て、
素晴らしく魅惑的で感動的で、甘美な美しさと輝きに満ちたものです。

自らの心、ハートが感じるものこそ、あなたの真実。

目に映る幻影世界に惑わされることなく、
自らの真実に還る道を迷わずに進んでゆく。
そこに、変わることのない永遠の至福があるのでしょう。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

金平糖
2014年02月01日 04:35
いつも素敵なメッセージ有り難うございます。
最近不思議なくらい色々なことに気が付く自分がおります。
私はサイキックな能力はございませんし、特に望んでもおりませんが、何か直感のような形で感じております。

主人はとても優しく愛の深い人なのですが、かつてより、とある課題を繰り返しておりまして‥
(もちろん主人に限らず、全ての人は課題をもってこの世界で修行をしているわけですが)
未熟な私はいつもなぜか?と葛藤しておりました。
夫婦といえど、他人の魂の課題に介入できないのですが、どうしても囚われる未熟な私がおりました‥
お互いの課題を克服するべく縁をもったのだからと‥‥

そんなこんなでしたが、つい最近、自分の心の癖に気が付き、このテーマは自分の信念体系がポイントとなっている、自分の課題を主人に映し出しているのかも?そして、主人の課題を困ったことと捉えれば捉えるほど、無理やり改善させようとするほど、その現実が顕れるのかな?そんな風に思いだしたところでございます。

つい最近(^_^;)
2014年02月04日 01:15
>金平糖さま
コメントいただきましてありがとうございます。
メッセージ、お役に立てていただけているようで嬉しく思います。(^-^)
現実世界は自身の内面世界の投影であると言われます。
金平糖さんは今、すごく大切な気づきを得られている只中におられるように感じます。
その課題を困ったこととして捉えれば捉えるほど、結果的にその課題にエネルギーを注ぐことになり、その課題を困ったこととして活性化させ顕現させてしまうのです。
そして、その課題を困ったことと捉えているうちは、それは決して解決されることはない、と気づくことになるのです。
何故ならば、その課題を困ったことだと捉えているからこそ、その課題が困ったことして顕れるのであって、その課題を解決しようとすればするほど、ますますその課題をクローズアップさせ、解決しなければならない課題を与えてしまうことになるからです。

その問題を解決するには、それを問題だと捉えないこと、そこに意識を向けないこと、意味を与えないこと、全てを赦すこと。
すべては愛である、自らを輝かせるための愛ある学びであるとそれらを受け入れ赦すのです。

人生の大半の問題は、あるがままの自分を愛することができないから生じるといわれます。
あるがままの自分を丸ごと受け入れ愛することができれば、人生はすべて上手くいくようにできているのでしょう。
虹色
2014年10月02日 05:59
はじめまして。
最近パートナーと別れたことで、どうしてだろうなぁという言葉がとまらなく、こちらに来ました。

彼は私のソウルメイトだと思います。
ああ、この人だと思いました。とても存在がしっくりしたのです。

ただあまりに価値観が違い、耐えきれなくなりました。

金平糖さんのコメントが耳にいたいです。
なんど変えてくれ、と言ったことか。
なんど拒否されたことか。
受け入れようとしても、あまりに苦痛で……。

今しっくり思うのは、生き方が違うんだ、ということで
その詳しい意味がわからなくて検索していたらこちらに来ました。

なんで違うんだろうなぁと、やっぱり泣けてきます。

出会う運命ではあったと思います。
お付き合いする運命でもあったでしょう。
でもそこから先はなかったんですね。複数の約束という言葉がしみました。

一緒にいるとすごくほっとするんですよね。
ただ側にいるだけでいいのに、どうしてエゴが邪魔をする( ω-、)

Aliceさんのコメントの
問題だととらえないこと、というので、ああ、と思いました。

私のエゴも彼のエゴも、いたしかたのないもので
しょうがないんですけど、どうしても納得いかなくていましたが

問題ではないんだ、と思うとほっとしました。

そっか
問題じゃないんですね。

それでよかったんだと思うより力が抜けました。
問題じゃなかったのかぁ。

苦痛の原因だから、問題だー問題だー思っていました(笑)

火と水がくっついていたら、お互いにくるしいですもんね。
問題じゃなくて、お互いのための痛みなんですよね……( ω-、)

問題じゃないのか
そっかぁ

なんか、乗り越える技術をみにつけた気がするー
ありがとうございました!
2014年10月04日 00:54
>虹色さま
コメントいただきましてありがとうございます。
メッセージ、お役に立てていただけたようで嬉しく思います。(^-^)
人は生きているとさまざまなことで悩み苦しみます。
しかし、すべては魂を成長させるための貴重な経験であるに違いないのです。
あるがままを受け容れて生きることができれば、あらゆる苦難から解放されるのでしょう。

この記事へのトラックバック