エゴの世界と心(ハート)の世界 愛と至福に満ち溢れる世界への道 ハイヤーセルフ

画像


今日はハイヤーセルフからのメッセージをお届けしたいと思います。


あなた方は自らの真実から遠ざかり、
自らの欲望、エゴの支配によるコントロールされた世界に生きています。

それは全体から分離した個としての意識が生み出す、
競争、対立のある世界です。

あなた方は今、エゴの世界と心(ハート)の世界の分岐点に立っているのです。

エゴの世界とは、目に映る現実世界、物質世界を指しています。
そこは全体世界からの分離の世界、
心休まることのない、移ろい変わりゆく儚い世界です。

心(ハート)の世界とは、あなた方の生まれ故郷、
全体世界と通じる、深い安らぎに満ちた至福の世界、
全ては一つであるというワンネスの世界です。

あなた方はそのどちらか一方、
もしくはそれら両方が入り混じった複雑な世界、
パラレルワールドの世界への岐路に立たされているのです。

大切なことは、いつも心に愛を喜びを感じ、
内なる愛を世界に発信してゆくことにあるのでしょう。

(2013,12,12 ハイヤーセルフ)



私たちが心の奥底で求めているもの、
それは変わることのない心の平安、満ち足りた喜び、
永遠の心の安らぎ、愛、至福であるのではないでしょうか。

目に見える現実世界は、
創造・維持・破壊という運動の中にあり、
つねに移ろい変わりゆく、はかない性質を持つ世界です。

避けられない変化によって失望を味わわされるくらいなら、
はじめから何ものにもこだわらず、
とらわれのない生き方をした方がずっといいのかもしれません。

この世のものの本質は無常であるという真実に気づくことで、
執着心を手放し、あらゆる苦悩から自由になることができるのでしょう。


人間の心の構造が変化しなければ、
私たちはいつまでも基本的に同じ世界を、
同じ悪を、同じ機能不全を繰り返し創造し続けるだろう。

人間の集団的な意識と地球の生命は本質的につながっている。


         「ニュー・アース」(エックハルト・トール著/サンマーク出版)より


これは紛れもない真実であるのでしょう。

そして、私たちは今、自らの意識レベルによって、どのような未来へ進むべきか、
その分岐点に立たされているのかもしれません。

大切なことは、自分のなかのエゴに気づいたときに、
気づいた自分こそがエゴを超越した真実の自分であるということを
明確に認識することにあるのでしょう。

そして、真実の自分が無限の愛であり、
永遠の普遍的な存在であるという真実に目覚め、
世界へ向けて愛ある奉仕を為してゆくことにあるのかもしれません。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ひまわり
2014年01月15日 09:35
このメッセージの通りですね。
アリスさんが語られる美しいメッセージで、上の写真の様な清らかで美しい世界が少しでも広がることを、私も同じ心で願っています。

「大切なことは、自分のなかのエゴに気づいたときに、気づいた自分こそがエゴを超越した真実の自分であるということを明確に認識することにあるのでしょう。」大切なメッセージですね。
内なるほんとうの自分の存在を意識して生きてゆきたいと思っています。
2014年01月16日 01:58
>ひまわりさま
コメントいただきましてありがとうございます。
内なる真実の自分につながることで得られる真の幸福、至福。それは、外的状況に関わらずつねにそこに「真の幸福」があるということ。すべてが自分を通じて現れ、消えていく。この世界は結局、自分のイメージでしかなく、ある瞬間消えてしまうかもしれない、夢のように儚い世界であるということ。そして全体世界=私であるということ。私は今まで自分自身に騙されてきたことに気づきました。結果に執着することなく、自分の今世における役割(使命)を精一杯生きることこそ大切なのでしょう。もちろん、世界へ愛ある奉仕を為していく、それ以上に神聖で高尚な生き方はないとも感じています。

この記事へのトラックバック