自身を輝かせ全体の調和に生きる 愛と至福の人生への道 ハイヤーセルフ

画像


今日はハイヤーセルフからのメッセージをお届けしたいと思います。


周囲に左右されることなく、
あなたの為すべきことに集中し、
あなたによって為されるべき事柄に全てのパワーを注いでいってほしいのです。

そして、ときには周囲の意見に耳を傾け、
求められれば協力するという姿勢も忘れないようにするといいでしょう。

周囲、あなたを取り巻く世界は、つねにあなたを必要としています。

あなたは、周囲の求めに応じながらも、
自らの為すべきこと(自らによって為されるべきこと)を見極めてゆくことができるでしょう。

そして、自らの才能、資質、魅力、得意とする分野を磨き、
自らが最も情熱的に専心できる活動にエネルギーを注いでいってほしいのです。

周囲はそんなあなたを頼もしく思い、あなたを必要とするでしょう。

あなたは自らの得意分野、為すべき役割を見極め、
それらの―最も価値ある―活動にエネルギーを注ぎながらも、
周囲との調和に生きる献身的な心を持つことにより、
より完成されたあなたに近づくことができるのです。

今この瞬間を大切に、物事の優先順位を明確にし、
あなたが最も情熱を感じる活動にエネルギーを注いでゆく。
そうすることで、あなたは心満たされる今を創造することができるのでしょう。

(2012,1,13 ハイヤーセルフ)



生きる上で最も大切なこと、
それは最高に輝く自分を創造することにあるのでしょう。
あなたらしさを100%輝かせる生き方を実現することにあるといってもいいと思います。

そのためにはまず、自らの才能や魅力を見極める必要があります。

それらは、あなたが無条件に情熱を感じる道、
心から喜びを感じる道を辿ることにより、見い出すことができるのでしょう。

あなたは、あなたを取り巻くすべての人に必要とされています。
あなたは全体世界から必要とされているのです。

自らを100%輝かせて生きることは、
自身の最高の生き方であると同時に、
全体に対して最高に献身的な生き方でもあるのです。

あなたが自らを輝かせる生き方を実現することにより、
世界をその輝きで照らすことができるのでしょう。

あなたがどのように解釈しようとも、
あなたは全体のために存在しており、
そして全体はあなたのために存在しているのです。

人には皆それぞれ為すべき使命・役割が与えられています。

それは個々がそれぞれに自分らしさを100%輝かせて生きることにより、
おのずと実現できるようになっているのです。

無条件に情熱を感じる道、心から喜びを感じる道を追いかけて、
あなたの才能、魅力を輝かせ、この地上に輝きをもたらす存在となってゆく。

それは全体の調和に生きる道であり、
愛と豊かさに満ちあふれる至福の人生への道なのでしょう。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ひまわり
2013年11月18日 10:43
「自らを100%輝かせて生きることは、自身の最高の生き方であると同時に、全体に対して最高に献身的な生き方でもあるのです」

本当にその通りだと思います。「道」はどこかにあるのではなく、「自分の中」にあるのだと実感しています。
道草
2013年11月18日 18:07
いつもすてきなメッセージありがとうございます。

メッセージの中の「あなたは全体のために存在しており、そして全体はあなたのために存在しているのです。」の個所が目に入り、次のような言葉を思い出しました。
 “One for all, All for one.”
これは、ある高等学校の文化祭の垂れ幕に書かれていたものですが、これをみた瞬間、「なる程・・・!」と心打たれた想いをしたことを覚えております。一人でも多くの人が100%自分を輝かせて生きることに気付ければいいですね。結局、その事が自分だけでなく皆の幸せに繋がることになるのですから。今、「悟りのシンクロニシティ」と言う本を読んでいる最中ですが、「最高に輝く自分を創造する」為の実践について、分かり易く書かれているように思えます。
「あっ、失礼!」この本はアリスさんのようなハイレベルの方向きではありません。初心者で興味のある方は、ご参考までにどうぞ。(笑)

PS. 
 先般、Aliceさんがご推薦されていた「“それは”ある―ある御方と探求者の対話」を楽しく読ませて頂きました。なかなか奥が深く味わいのあるものでした。もう一度読み直せば、又違った味わいが出来るのではないかと思っております。
2013年11月23日 00:36
>ひまわりさま
コメントいただきましてありがとうございます。
この世に同じ人は二人といません。
人の数だけ道があり、それは自らの中に見出すのものであるのでしょう。
2013年11月23日 01:02
>道草さま
コメントいただきましてありがとうございます。
メッセージ、お役に立てていただけているようで嬉しく思います。また、お褒めいただきとても嬉しく感じております。

一人一人が自分らしさを100%輝かせて生きることで世界全体が輝き、素晴らしい世界を創造していけるものと信じています。だからこそ、一人一人がその自覚と責任を持って自らの才能、魅力を磨いて輝いて生きて欲しいと願わずにいられないのです。それは自らと他者をも満たす生き方であるに違いないからです。そして、そうすることで、お互いに成長し高め合うことができ、愛と調和に満ち溢れる誰もが幸せになれる世界が創造されていくと信じるからです。(常識を信じる世間の多くの人からは、それは理想であって現実的には難しいとか言われてしまいそうですが…)

「“それは”ある―ある御方と探求者の対話」お読みになられたのですね!対話形式で楽しく多くの気づきを得られる良書ですよね。

おすすめのご本いつかぜひ。今読みたい本が積んである状態で…、新しい本は一時ストップしているのです。また余裕ができたら手に取ってみたいと思います。

この記事へのトラックバック