あなたと世界の真実 永遠の自由と至福へ至る道 クリシュナ

画像


今日は、アセンデッドマスター・クリシュナからのメッセージをお届けしたいと思います。


自らの真実を探求することに専念されよ。

自分以外の何ものも、あなた方を真に満たすことはできない。

真の豊かさ、真の幸福とは、
あなた方自身にすでに備わったものなのである。

あなた方は自らの真実を知らず、
未完であるこの世の何かと自らを同一視することにより限界を生み出し、
苦しみ悲しみを生み出しているのである。

あなた方の世界の見方こそ、あなた方の世界。

あなた方が全ての源泉なのである。

あなた方の多くは身体、思考、感情と自らを同一視している。
それこそが、そもそもの苦しみのはじまりなのである。

あなた方はそれらを現し、存在を与え支えている普遍の存在、
プルシャ(本質・実存)なのである。

その真実が真に理解されるとき、
あなた方は変わることのない永遠の自由へと解放されるだろう。

(2013,9,12 クリシュナ)



地上に生きる人の多くは自らの真実を知らず、
自らを自分の身体や思考、感情と同一視して生きています。

ほとんどの場合、あなたが「私」というときは、エゴがそう言っているのであって、
それは本当のあなたではないのです。
エゴを形成しているのは、主にあなたの思考と感情、肉体観念、
あなたが自分を同一視している記憶の集積、アイデンティティ等です。

頭のなかの声はあなたと別の勝手な生き物と思われるといいでしょう。
しかしながら、人はその声が自分であると思い込み、
思考、心(想念)に支配されてしまっているのが現状なのです。

あなたがその声に気づけば、同時に自分はその声とは違うこと、
その声に気づいているのが自分であることが分かるでしょう。
その「気づき」が真のあなたなのです。

思考によって自身を定義しようというのは、
あなたが自身に限界を引くことに他なりません。

あなたの真実は、あなたが思っているような制限された存在ではないのです。
あなたは永遠の今を生きる普遍の存在なのです。


「海に雨が降っても、降らなくても、
川が流れ込もうと、流れ込まなくなっても、
海はいつも満ちていて、変わることなく水を湛えている。
同じように真実に目覚めた人の心は、
海のように真実に溢れて満ちている。
自分自身こそが変わらずに満ちている存在であり、世界の根源であり、
枯れることがないと知っている。
世界にあるどんなものが彼(彼女)に向かって流れ込んできても、
また流れてこなくても、彼(彼女)の心は満ち足りたまま、
揺れることがない。」

                    バガヴァッド・ギーター 第2章70節


     『やさしく学ぶYOGA哲学- バガヴァッドギーター』(向井田 みお著/YOGA BOOKS)参考


真実に目覚めること、
それを簡潔に表現するならば、それは自己認識の変化といっていいでしょう。

自分自身の真実に目覚め、
聖なる自己認識が起きたならば、
あなたは自分に必要なものは何もないことを自己認識し、
また、自分は完全に満たされた存在であることも明確に自己認識することができるようになるのでしょう。

人が至福意識に達し、それを永遠に失うことがなくなれば、
自らを満たすために何かを求めるということから解放されることになるのです。

それこそが真の満足の状態、永遠の平安の状態であるのでしょう。

そして、この状態こそが絶対的な至福の状態であり、
地上におけるゴールであるに違いないのです。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

わだなつ
2013年10月14日 01:46
こんにちは!今日はコメントから失礼します。
質問なのですが、真我に対して思考や感情とはどんな存在であり、何のためにあると考えられますか。単純に真我が観察する者だとすると、思考や感情は観察される物でしょうか。
また、輪廻転生においてその思考や感情などの経験も魂(アカシックレコード?)に記録されるのでしょうか。
2013年10月14日 19:56
>わだなつさま
コメントいただきましてありがとうございます。
難しいご質問ですね。思考や感情は、魂を磨くため、霊性を高めるために、自らに暗示をかけて真我から遠ざけたように見せかけて“悟りを得る”“真我を実現する”という体験をするために、あえて付け加えてみたものなのではないかと思います。また、この二元相対の物質世界をリアリティを持って体験するためには思考や感情は必要なものなのかもしれません。私たちは“俗世”を経由して“涅槃”にやって来るのです。
真我を除くすべてのものは、思考や感情も含めて、すべて観察されるものです。
私は地球のアカシックレコードしか分かりませんが、そこには魂の経験が刻まれます。これは主に感情体験が魂の記憶として刻まれると思っていただいてよいと思います。

この記事へのトラックバック