自らの真実を知る 真の自由と解放へ至る道 クリシュナ

画像


今日は、アセンデッドマスター・クリシュナからのメッセージをお届けしたいと思います。


この地上にあるものは儚い。
目に見える現実世界とは、あなた方に付随して現れる幻影のようなもの。

唯一の実在、それこそがあなた方の真実であるという真の理解を得ること。
それ以上にあなた方を満たす知識、智慧は他にないだろう。

あなた方がすべきこと。
それは自らの真実を知るということ。
自らの本質について探求することに他ならない。

あらゆるすべてに満ちる存在、それがあなた方の真実である。
その知識が真に理解されるとき、
あなた方は、この地上への転生を終え、永遠の至福に解放されるだろう。

あなた方はすべてであり、すべてはあなた方。

全体はあなた方であり、あなた方は全体なのである。

あなた方の真実の知識を見極め、
自らの真実の探求に専心されるとよい。

それはあなた方を満たし、真の自由と解放へ導く奇跡の道となるであろう。

(2013,9,12 クリシュナ)



人生で最も大切なこと、
それは、「自分」とは何か、と知ることです。

自らの真実の探求。
それは同時にこの世界の真実の探求でもあります。

私たちは永く、
自らの意識が紡ぎ出す幻想世界を現実(実在)と錯覚して生きてきました。

しかし、もうその夢から目覚めてもよい時期を迎えているのかもしれません。

あなたが現実と信じ込んでいるこの世界は、あなたの意識の投影であり、

あなたを取り巻く世界のすべては、あなたの意識が創造しているのです。

それは、あなたの世界に対する見方、
あなたの世界に対する印象といってもいいかもしれません。

世界とあなたは離れたものではありません。
世界はつねにあなたを映し出しているのです。

生きる上で、自らの真実を知ること以上に大切なことはありません。

それ以外のことは取るに足りない束の間の出来事に過ぎないのです。

私たちは自らの真実を知るために、
何度も何度もこの地上に繰り返し転生してきました。

自らの真実を知るという、ただその目的のために、
何千年、何万年という永い転生の旅を続けてきたのです。

しかし、もうそろそろ自らの真実に目覚め、
この物質世界を卒業してもよい、
そういった人、魂が多く出てもよい時期だと感じています。


「父よ。彼らをお許し下さい。
 彼らは、何をしているか自分でわからないのです。」


                                ルカによる福音書23:34

これは、イエスが十字架に架けられ、処刑される前に祈られた言葉です。
この崇高な祈りが、どれほど深い智恵から発せられた言葉であるか、
自らの真実に目覚めたならば、その真意が本当の意味で理解できるのでしょう。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

道草
2013年09月26日 16:31
いつもすばらしいメッセージありがとうございます。
より良い人生を送れるようにといつも参考にさせて頂いております。ところで、メッセージを読みながら、次ののような事が脳裏に浮かびました。補足頂ければ幸いです。
①「自らの真実を知る」にはどのようなことを実践すればよいのでしょうか。もちろん我欲を捨て愛に生きることが基本であるでしょうが・・・。
②どのようなかたちで、自らの真実を知り得たと感じるのでしょうか。例えば、直感とか、真我からの語りかけとか。
③「あなたを取り巻く世界のすべては、あなたの意識が創造しているのです。」とありますが、世界の人口70億人と言われておりますから70億人分の意思が瞬時瞬時に同時進行しているわけです。とても私だけの意識で創造しているように思われませんが・・・。すみません、まだまだ霊性レベルの低い凡人ですので。m(__)m
 
2013年10月01日 00:35
>道草さま
コメントいただきましてありがとうございます。
メッセージ、お役に立てていただけているようで嬉しく思います。
ご質問の件ですが、
①やり方は人それぞれと思いますが、私自身はヨガの聖典『バガヴァッド・ギーター』、ラマナ・マハルシの教えで自己探求の術を学びました。あとは瞑想の習慣を持つことでしょうか。
②瞑想を通して真我(内なる神性)に一度でも触れることができたなら、それ自身により自らの真実が明かされることになるのです。ウパニシャッドに書かれている通りなのです。とても不思議です。これは実際に体験してみないと言葉ではとても表現しきれないものがあります。実践あるのみです。
③これもマハルシの教えがとても役に立つと思います。頭で理解しようとしても難しいものがあります。それは概念を超えたものであり、描写しきれるものではないからです。クリシュナ神は色とりどりの宝石の玉が1本の糸に繋がれている首飾りのように、形や名前の違う世界のすべてを繋いでいる一つの真実が全体世界だと言っていますね。結局のところ、私たちの世界に関して言えば、認識以外に何もないのでしょう。マハルシは、「私」という想念の源を探し求めなさい。それが人のなすべきことのすべてです。宇宙は「私」という想念に基づいたものです。それが終息すれば悲惨もまた終わるでしょうと言っています。
この道を究めるには、この道の師や聖者について学ぶのがよいのかもしれません。一般的には理解されることの無い知識のようですので、その道を行く人のみ開かれる道なのでしょう。あとは、悟り系の本をたくさん読まれるのもよいかと思います。どの道もそうだと思いますが、やはり地道な努力が欠かせないのでしょう。
道草
2013年10月02日 10:40
Alice様
ご丁寧なアドバイスありがとうございました。
大変参考になります。
スピリチャルな本を読むのが好きなので、時に触れ今後も継続して読んでいきたいと思っております。たまたま、昨日、ヴィセント・ギリェムの「魂の法則」を読み終えました。一考に値するすばらしい本でした。
今私に問われるのは、頂いたアドバイスの中にもありますように「瞑想の習慣を持つ」ことでしょう。「継続は力なり」なんですね。いつの間にか忘れていた瞑想の必要性を思い出させて頂きました。ありがとうございます。
一応瞑想の仕方は知っているつもりですが、瞑想にも色々なやり方があるようですね。瞑想をする上での留意点などを教えて頂ければ幸いですが・・・。m(__)m
へのへのもへじ
2013年10月02日 22:21
凡人の私は、瞑想しようとすると
いつも眠ってしまいます。
Alice先生のブログを読むだけでも
心が穏やかになります。
2013年10月02日 23:03
>道草さま
コメントいただきましてありがとうございます。
スピリチュアルな世界の探求、自分自身を知ること以上に価値あるものはありません。それはこの世界の真実を知ることと変わらないものだからです。姿形をとって現れている物質的なものは皆一時的なものであり、本当に価値あるものは目に見えないものなのですね。

「魂の法則」を読まれたのですね。私も時間を見つけてぜひ読んでみたいと思っています。
瞑想には決まった方法はないのです。瞑想とは、一つのことについて熟考することだからです。しかし、仏陀が悟ったとされる「ヴィパッサナー瞑想」を推奨する意見が聞かれますね。まだでしたら一度試されてみるとよいかもしれません。
2013年10月02日 23:12
>へのへのもへじさま
コメントいただきましてありがとうございます。
メッセージ、お役に立てていただけているようで嬉しく思います。(^-^)
瞑想は早朝がおすすめです♪
日々繰り返して習慣づけることにより、心穏やかになり、雑念に振り回されることも少なくなり、心の平安を感じられるようになると思います。

この記事へのトラックバック