与えるものは受け取るもの 素晴らしいパートナーシップを築くために フューチャーセルフ

画像


今日は、フューチャーセルフからのメッセージをお届けしたいと思います。


相手に勇気と希望を与えてください。
過去を許し、現在を励まし、未来を信じてあげてください。
それはやがて、あなた自身が受け取ることとなります。
素晴らしいパートナーシップを築くためには、愛の心が欠かせないのです。

この物理次元は、多くの葛藤を生み出す仕組みになっています。
しかし、あなた方は、肉体を持たずにこの地上で生きることはできません。
自ら望み選んできた世界なのです。

今を大切に、お互いを育み、理想的な関係を育てる気持ちで相手と接してください。

あなたに永遠の愛を送ります。
このような素晴らしい時間を共有できたことをとても嬉しく思います。

(2010,6,8 フューチャーセルフ)



愛の心を持って、相手と接することが大切なのですね。

与えるものは受け取るもの。
自分がされて嬉しいことを積極的に相手にしてあげるといいのかもしれません。

過去と未来は同じではありません。
理想的な関係を育てる気持ちで相手と接すること。
自分が変われば世界が変わるのですね。

愛と光と感謝を込めて。

Alice

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
クリックにご協力いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

あじさい
2010年09月16日 22:18
キバリオンの本、読みました(*^.^*)再読してます…

日々の生活の中で、独り言のようにつぶやいてた事、感じてた事が書いてありました。神との対話と似た内容もありましたが、キバリオンの本の方がわかりやすい内容ですね…す~っと心の中に入ってきて、再確認したって気持ちにさせられました。

私は結婚して随分経ちます。四人の子どもに恵まれました。結構産んじゃったなぁ~なんて最近思ったりするんですが(^^;)小学校の卒業文集に、将来の夢…お母さんって書いてた事を思い出しました(笑)

結婚って不思議なご縁だなぁ~って今更ながら思います。

子ども達に、なんでおやじと結婚した?って聞かれた事があって、末っ子は、気の迷いやろって言いました(笑)確かにそんな気もするのですが、私は、あなた達に出会う為だと思う…とそう答えていました。私は生まれ変わってもこの子達の母になりまいと思っているからかな?
2010年09月17日 18:05
>あじさいさま
コメントいただきましてありがとうございます!
キバリオン、読まれたのですね。
文字数少なめですぐに読めてしまいますが、理解するにはそれなりの意識を持つ人に限られてしまうような気がしています。

お子様4人もいらっしゃるのですね!素晴らしいと思います!あじさいさんは、きっと素敵なお母さんなのですね♪(^-^*
お子様はほとんどがソウルメイトです。(もちろん旦那様もですが・・・)最も多いのが、前世ではお子様が自分の両親のいずれかだったケースです。かなりの頻度で見られるパターンです。親子が最も絆が深い関係だからなのでしょう。
あじさい
2010年09月17日 19:08
子どもが私の両親だった…ですか~
そう感じた事あります。次女なんですが、いつも私のそばにいて、私の手助けをしてくれる事が多く、何というのでしょ?安心感、安らぎを感じられる存在なんです。ある時、あなたは前世で私のお母さんだったかもしれないね~って言ったら、そうかもしれないね~と(笑)長男はたぶん、私の愛してやまなかった存在だと思います。
昨日長男に「お姫様抱っこ」をしてもらいました(^o^)ハハハ とても嬉しかったです(*^.^*)長女・次男はあまり深くを感じた事はありません…なぜでしょう?
2010年09月20日 23:49
>あじさいさま
親子関係が逆転して生まれてくるケースはとても多いようです。そういうのって、なんとなく感覚で分かるというか、失われた過去の記憶が呼び覚まされるような、不思議な感覚を覚えるものです。その理屈を超えた直感的な感覚、よく分からないけれど確信めいた何かを感じるというのは、間違いなく過去世の記憶と関係してます。この世に生まれる際に、前世の記憶を一時的に忘れるよう同意して生まれてくるため、あまり明確に思い出せない仕組みになっているようです。お姫様抱っこいいですね~♪お子様によって、ご縁の深い人とそうでない人がいるようです。でも、だいたい親子、夫婦、兄弟姉妹、親友など、前世でも比較的近い存在だった人がお子様として生まれてくるケースが多いといわれています。

この記事へのトラックバック