人の本質、宇宙の本質 クリシュナ(ヴィシュヌ)

画像


今日は、アセンデッドマスター・クリシュナ(ヴィシュヌ)からのメッセージをお届けしたいと思います。


まず、人の本質、宇宙の本質について述べよう。
人間とは、この世界とは、創造主が創られた。
だが、1つは全体であり、全体は1つであるという真理を含んでいる。
己が嘆き悲しむとき、自らを取り巻く環境、この世界も憂いに満ちて見える。

人の心と、宇宙は密接なつながりを持っている。
人の心と宇宙は相似形を為している。
人の心とは宇宙なり、また宇宙とは人の心なり。

自らの内に宇宙を感じよ。
そなたは、創造主によって創られたが、同時に創造主と同様の力も与えられている。
自らの内的宇宙を創造せよ。
それはすなわち己の王国を自らの内に築くようなもの。

平安な穏やかな心を大切にされよ。それはあらゆる恵みをもたらすであろう。
外に求めず、内なる対話を大切にし、心の声に耳を傾けよ。
必要なメッセージ、神示は自らの内に見出せるであろう。

宇宙の秩序とは、人の心を穏やかに、そのなかに平安を見出し、
愛と光、万物の創造の神秘に目を向け、感謝することなり。

感謝の心を大切にされよ。
この大宇宙の慈悲と全てを無償に与える無限の愛に感謝の意を表し、
与えられるのみならず、自らも与える人となられよ。
宇宙は創造主はそれを望んでおられる。

今日のこの出会いに心からの感謝を捧げる。
御身に創造主の加護、宇宙の加護のあらんことを。

(2010,3,23  クリシュナ(ヴィシュヌ))



この日のチャネリングはあまりにも鮮明で、強烈なインパクトがあり、今でもハッキリ覚えています。
まず、タージ・マハルが見えました。そして、なんかいつもと様子が違うなと感じていたら、
神々しく煌びやかな威厳あるお姿のクリシュナ神が奥様であるルクミニー姫を伴い現れました。
その直後、ルクミニー姫はラクシュミーに姿が変わり、
クリシュナは、「妻がぜひ一度、あなたがここへ来た際に、私に会ってみよと申すものだから来た。」と云われました。
その瞬間、クリシュナ=ヴィシュヌ神と悟ったのです。

まるで異次元に迷い込んだかのような錯覚を覚えるインド風の映像が見え、
こういうこともあるのか、という信じがたい感覚ではありましたが…。
いただいたメッセージは重みがあり、説得力があり、強烈なインパクトが感じられました。


ヴィシュヌは、ヒンドゥー教の最高神の一柱で、世界の維持神とされ、
アヴァターラ(化身)と呼ばれる10の姿に変身して地上に現れると考えられています。
クリシュナは、インド神話に登場する英雄で、
ヒンドゥー教におけるヴィシュヌ神の第8の化身(アヴァターラ)とされているようです。

なんか、難しい宇宙の法について語られてますが、
これは、インドの「ヴェーダ」の「ウパニシャッド」(奥義書)にある、
梵我一如(ぼんがいちにょ)の哲学説のことを言っているのではないかと思いました。
すなわち、宇宙にはその全体を貫く原理があって、ブラフマン(梵)と呼ばれますが、
それは、私たちの本質である個我のアートマン(我)と等しいとする一元論的哲学説のことです。

今日はなんだか難しいことを書いてしまいました。。

外的状況に左右されず、心の声に耳を傾け、
自らの人生の創造主としての自覚を持って生きていきたいですね。

愛と光と感謝を込めて。

Alice


精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックにご協力いただけますと励みになります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

yuuka
2017年12月06日 11:04
ALICEさん、あなたはクリシュナ=ヴィシュヌ神と悟られるなんて、なんてすばらしい…研ぎ澄まされた感性と意識の高さをお持ちなのでしょう…✴私などは全く無知な人間ですが、ただただすごいの一言です…✨(^-^)
2017年12月08日 03:44
>yuukaさま
コメントいただきましてありがとうございます。
お褒めいただきありがとうございます。
とても嬉しく感じております。(*^^*)
でも、私などまだまだ未熟な人間です。
これからさらなる研鑽を積み、自らの道を究めていきたいと思っています。

この記事へのトラックバック